日本時間の23日午前0時24分にキャサリン妃は男の子を出産しました。

と伝えています

出産の発表はつい先ほど、1時間ほど前に行われました。男の子は3800グラムだということです。母子ともに健康で、王室から、エリザベス女王も非常に喜んでいるという発表がありました。今晩は、キャサリン妃もウイリアム王子も病院にとどまるということです。ロイヤルベビーのお披露目は退院の際ということなので、現地時間の23日になるかとみられています。誕生を知らせる告知が掲示されたバッキンガム宮殿には、たくさんの観光客、ロンドンの方々が詰めかけて大きな歓声が上がりました。そして、病院の前でも市民、メディアの方が誕生の一報を聞くと非常に大きな歓声が上がりました。

うれしい事です。

日本は、どうなってるのか。

日銀はせっせと 印刷

円安になっても 輸出量は減少

貯蓄以上に介護と年金受け取る者ばかり

唯一の皇室も 英国が未来の君主となる「ロイヤルベビー」熱に沸く一方で、日本の

皇室

の運命を背負う  少年は、世間の目からもっと離れた日々を送っている。と報じられている。

秋篠宮ご夫妻に皇位の順位を譲られるべきと思慮いたす日々です。