原発は非常に厳しい状況になってきています。
最も恐ろしい状態にあります『3号機』から黒煙が出ており作業員は全員避難していると時事速報は伝えています。
3号機はプルトニウム混合燃料を使っており、非常に危険な状態にあるのです。作業員も被爆しています。
海外の報道が、刻々と報道しているのに日本では政府も国内報道も安全と強調しています  東京より領事館大使館や外資が関西へ機能を移しているとの事です。なぜプルトニウムを報道しないのでしょうか。      また 日銀は震災後今日までに106兆円を超える資金を金融市場に投入続けています原発問題が拡大すれば一層の資金供給を迫られます。
これだけの資金を供給してなんとか日経平均を保っているのですが、いつまでもこのような事態は続けられるものではなく
日銀の破綻は無いと思いますが、非常事態になりつつあります。
事態がこれ以上悪化して 東京が死の町にでもなると 大阪都 東京府などと冗談を言ってられません その前に経済の破綻が起き スペインより先に日本がメルトダウンになるでしょう。大変な事になりつつありますが、個人としてはどうすることも出来なく心配です。